2010年12月01日

Bluetoohでのマウスとキーボード

Bluetoothでケーブルから開放される・・・・と思いきや、一定時間キーボードや
マウスに触らないと、接続が解除され、マウスやキーボードを動かすと2・3秒後に
再接続される。

最初はこんなもんかと使っていたが、徐々にイライラして来ます。

同じ現象になっている人だったらわかると思いますが、再接続のために押したキーで
作業中のものにいらないタイプをしてしまったり、マウスで余計なことをしてしまったり。

この現象は東芝製のドライバをインストールしているときに発生するようです。

マイクロソフト製のドライバでは起きないそうなので、一か八かチャレンジしてみます。

所有しているブルートゥース機器は

アダプタ:PCI BT-MicroEDR2X
マウス:Buffalo BSMLB02
キーボード:Sanwa Supply SKB-BT08BK

用はアダプタをMicrosoftの互換ドライバで認識できればよいわけです。

「%WINDIR%\inf」フォルダの中にあるbth.infがドライバの設定ファイルでこの中身を
書き換えます。

書き換える前にbth.infファイルをバックアップして
優先のマウス・キーボードを接続してください。

デバイスマネージャでBluetooth Radiosの詳細を見てみると
VID_0A12&PID_0001と言う記述があったのでこれを書き込んでみます。

bth.infを開きます。
[Manufacturer]セクションに

PCI=PCI, NT.5.1

を追加

[PCI.NT.5.1]

セクションを作り

PCI Bluetooth USB Adapter= BthUsb, USB\Vid_0A12&Pid_0001

を追加

保存して、プログラムの追加と削除でToshiba Stackをアンインストールします。

デバイスマネージャでハードウェア変更のスキャンをすると、
アダプタが検知されドライバーのインストールが始まります。

自動的にインストールを選択すると、一覧に

PCIと先ほど書き込んだものが表示されているのでそれを選択。

するとすんなりインストールが終わりました。

同時にMicrosoft Bluetooth Enumeratorという物も自動的にインストールされます。


タスクトレイのBluetoothマークをクリックすると東芝のものとは違う
味気ない設定画面が出てきます。

そこでデバイスを追加したらあっさり使えるようになりました。

あっさりといってもキーボードのペアリング方法を忘れたのでマニュアル
引っ張り出しましたが・・・・w
posted by ギア at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 小物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41931015

この記事へのトラックバック